excitemusic

スポーツ界で働くという目標を胸にスポーツビジネスの先駆であるアメリカへ。誰もが夢を描くスポーツに私の夢もたくし日々努力しております。             お気軽に連絡ください。SJGiantskz@aol.com
by sjkazoo
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
Great work!
by Wayne at 08:09
Great work!
by Diana at 08:07
Well done!
by Don at 08:06
Great work!
by Wendy at 08:05
Nice site!
by Lionel at 08:04
Thank you!
by Robert at 08:56
Well done!
by Ida at 08:55
Thank you!
by Robert at 08:53
Great work!
by Britney at 08:53
Nice site!
by Brad at 08:51
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:野球( 17 )

第64回(フィールド)

ご無沙汰しております。
忙しいのか忙しくないのかよく分からない、慌しい毎日を送っております。

今日は大学生の試合がある予定でしたが、なくなってしまいました。
これで前回から続けて3試合連続中止です。

前回と前々回は近くにあるその大学のグラウンドで代わりに試合を行っていたのですが、今日はそうにもならず、明日、ダブルヘッダーになるということです。

そもそも、なぜ中止かというと、グラウンドコンディションの問題らしく、おそらく今回の中止は『芝』の状態。前回の中止はマウンドの状態が悪いからとか・・・。
雨にかなり敏感になりすぎているグラウンドキーパーの方々です。と、私は感じています。

<こんなとこに勝手にアップしていいのか!?!?、今年からの新ユニホーム。。>
b0048376_1704867.jpg


ここまで中止が続くと、その球場を使っている大学(SanJose State University)との関係が悪くならないものかと、私は心配しているのですが、スタジアム・オペレーションの担当者も同じことを言っていて、いつもオーナー(ウチの球場はオーナーがグラウンドの使用に関してかなり大きな権限を持っています。)と口論を繰り返しています。

私だって、今日は試合があるから球場にいなくちゃいけないなと思って、それなりに準備しているのに試合が予定通り行われないと、スケジュールがくるって困ります。

グラウンドキーパーの役割はグラウンドをいい状態に保つことだとは思いますが、雨にも強い、枯れにも強い、グラウンドを作って、より多くの方に球場を使っていただけるようにしていただきたいものだと思う今日この頃です。

                                      Kazoo
[PR]
by sjkazoo | 2005-02-25 17:03 | 野球

第60回(営業と球場と・・・(話にそこまでの関連性はナシ)

昨日3つ、今日1つあった試験をやっと終了し、風邪をひいたりして濃密に過ぎていった今週も残すところ明日のみ(金曜)となりました。

さて、営業活動も継続してやってはいるのですが、結果は思うようについてこず、なかなか悩みどころの毎日です。今日は某日系有名レストランへ2回目の営業にいってきたのですが、前回のものを断られて、今回は違ったものをススメてきたのですが、なかなか一筋縄ではいかなそうな感じです。

最近思うのは、日本食レストランを中心に営業活動を展開してはいるのですが、アメリカ系にももっと行かなければいけないなと感じてきたということです。
やはり英語ができないことを言い訳に足が進まないものではあるのですが、広告の効果から考えても、野球の好き嫌い、文化の面から考えても、自分の経験から考えても、行かなければいけないと感じています。

ってことで、早速明日2件くらいいってみます。明日はそのレポートを書くつもりなので、書かなかったら、ビビってやめたんだな、このチキン!とか思っていただいてけっこうです。

<ウチの球場>
b0048376_1516318.jpg

本日は球場の表をアップしてみました。
古い球状で設立は(1942年)。
この球場も営業(特にチケットセールス)などには大きな影響を及ぼすようで、もっと新しくていい球場で個室なんかがついていて、と、いったように設備が整っていると、シーズンチケットなどももっと売り易いようになるらしいです。
現に今年から新しい球場になるStockton Portsは、すでにシーズンチケット(個室かどうかは分かりませんが・・・)が完売らしいです。
しかし、ウチの球場はこれぞマイナーリーグ!!といった雰囲気がとても伝わり、私はとても好きです。
しかも、ここサンホゼは北にオークランド、サンフランシスコと車で1時間以内のところに2つのメジャーリーグが存在し、そこにきれいな球場を作って張り合うよりも、マイナーリーグの雰囲気をしっかりと味あわせてあげることのできる球場であって欲しいと思っています。
皆さんもぜひ一度足を運んでください。

しかし、雨漏りだけはどうにかしていただきたい・・・。

                                       Kazoo
[PR]
by sjkazoo | 2005-02-18 15:32 | 野球

第58回(初試合)

更新を怠りました。
今週はまた中間試験みたいなものがあるので、どこまで更新できるか分かりませんが、できる限り更新するように努めます。
更新を少し怠ると、閲覧者も減るようで・・・キープできるように頑張らねばいけませんね。

さて、先週の金曜日に私の球場で今年、初の試合が行われました。
やはり試合が行われて、わずかでも観客が入って、球場が盛り上がる。うれしいことです。
昨年もこのSanJose State Univの試合が私にとって初めてのここでの試合でちょっと感動したのを思い出しました。

試合の展開はというと、SanJose Stateが4-2とリード。

<SanJose State 調子良好>
b0048376_1762658.jpg


そして9回、
このまま試合が終わるかと思われた、次の瞬間!!!!

b0048376_1784851.jpg

同点ホ~ムラ~~~ン

そしてこのまま雨が強くなり、試合の結果は私は働いていて結果を知らない・・・。
でも、途中で終了したようでした。

試合が終わるまでなにが起こるか分からないのが野球の醍醐味の一つですよね。

ちなみに今日はバレンタインでしたが私には毎年あまり関係のないイベントのようです(涙)。

そして、ロッテのバレンタイン監督って広告効果絶大な名前だ!!!!と、思ったのでした。

                                         Kazoo
[PR]
by sjkazoo | 2005-02-15 17:16 | 野球

第57回(Hot Stove Banquit)

世の中にはいろんな人がいます。縁という言葉で考えると、人とのつながりを大切にする人、出会いに積極的な人、広く浅く付き合う人、それぞれの人がいれば、またその逆もしかり。本当に十人十色、それぞれの人の付き合い方が存在するのです。

私は出会いとつながりは大切にしたいと思っていますし、どんな人にでもできる限りの誠意をつくして接し、また好きな人にはできる限り喜んでもらえることをしてあげたいと思っています。
きれい事かもしれないけど、べつに自分に返ってこなくてもいいから、満足を提供してあげたいと思っています。
今、様々な人を楽しませることができるエンターテイメントの業界のスタートラインに立ったのも、そういった理由が一つであると思います。

さて、本日はタイトルにある「Hot Stove Banquit」という、ここシリコンバレー付近の野球関係者の人を集めたパーティーみたいなものに参加してきました。
参加者にはシリコンバレー出身のプレイヤー(大学生や高校生も、メジャーからはEric Byrnes(A's))から地域のリトルリーグの関係者まで様々な人がいて、スペシャルゲストはSF・ジャイアンツの監督フェリペ・アルーでした。
私は知り合いも少なく、うちのチームの人と話しているくらいだったのですが、ウチのチームで一番の古株、リンダさんとGMさんは『さすが』と言うべきか・・・もう、次から次へといろいろな人から話しかけられていました。私のチームがこの地域の方々から愛されているのを実感すると共に、私もあのようになりたいと感じたのでした。

ファンを観客を楽しませ、地域コミュニティーに貢献し、なおかつ地域から愛される。
こんなに素晴らしいことはないでしょう。
私のチームが長年かけて築きあげたものだと思いますし、地域の方々との人間関係を大切にしてきた結果だとおもいます。
その一つの例が、ウチのプレイヤーの多くが地域の方々の家にホームステイという形でシーズン中お世話になっているということです。なかなか簡単にできることではないと思います。

そして最近、将来、日本でウチのチームがやっているようなことをやってみたいと少なからず感じている自分に気付くのでした。
これからも一つ一つの出会いを大切にしていきたいと思います。

明日は今年の初試合です。

                                      Kazoo
[PR]
by sjkazoo | 2005-02-11 17:13 | 野球

第52回(とうとう来た!!)

さてさて、まだ2月にはいったばかりだというのに、ここSanJoseは昼間はかなり温暖な半そででも余裕な気候となってきました。
ってことで、来週の金曜日から私の球場で大学生の試合が始まります。
正直、楽しみですね。
大学生の試合とはあっても、売店はオープンしますからアルバイトもきて英語を話す機会が増しますし、球場に少しでも活気が戻ってくるのはうれしいことです。今は静かなんでね。
ってことでタイトルにある『とうとう来た!!』って何がきたかというと・・・


b0048376_1447101.jpg

じゃーん!!
大量のデリバリ~~~~。

ま、こればっかしは私に与えられた義務とでも申しますか・・・現在のところ球場内でこれの整理をする人は私しかしませんので、他のスタッフが『たくさん来たなぁ~』とか言ってるところを、『ここがオレのジムだからね。』とか冗談を言いながらエッサエッサ働いてみました。

ちなみに写真の量はいつもの半分くらいですね。
でも、久しぶりにやったんで筋肉痛がきてますね。

さて、今週末で溜まっている学校のプロジェクトをガツガツやろうと思います。

                                  Kazoo
[PR]
by sjkazoo | 2005-02-05 14:41 | 野球

第52回(古田さんのブログ)

日本球界の選手会長、古田さんのブログを古田さんが始めたときから読んではいたのですが、前回に引き続き古田さんが『しっかり読んでるから、みんなトラックバックしてくれ!』と言わんばかりのメッセージを残していましたので、その勢いに乗ってトラックバックしてみます。

そりゃ、現在は選手とスタッフの差はありますが、同じ業界で働こうとしている私にとってこういったところからでも、ちょっとづつ次期日本球界を経営面から背負うであろう古田さんにアピールしておこうと思うような、そんな下心見え見えの文章を今回アップしようとしています。
ま、そんな男です。

この際だから、毎日トラックバックしてやろうか・・・。

さて、学校から課される課題とチームの仕事の2足のわらじ生活に慣れることもなく、依然、生活は落ち着きを取り戻さないままです。気がつけば年が明けてから1ヶ月経過してしまったではないですか!!

やはり毎日やることをしっかりと整理し、実行していかなければいけないと切実に思う今日この頃です。
しかし、今やっているスポンサーシップ営業のようなものは自分に経験があまりないためか、どうにも予定通り物事が進まず、進めようとしてもなかなか行動に移すことができないこともあり、小さなことなのに、とても敏感に反応してしまってまた悩む・・・といった負のスパイラルに巻き込まれていっているような気がします。

そもそも今の仕事内容であるスポンサー営業たるものは言うまでもなく簡単ではなく、一日二日でできたような関係で、うまくいくものでもなく、継続されたよい関係を気付くことが重要であることを最近肌に感じています。
今はまだファーストステップの段階と考えると、このまま継続した関係作りと、新しい人脈作りに真摯に取り組むことがなによりも大切であろうとこの日記を書きながら思うのでした。

それでも、目に見える成果は欲しいと感じるのは、人間誰もが思うものでしょう。

さて、勉強しよう。

                                         Kazoo
[PR]
by sjkazoo | 2005-02-03 18:11 | 野球

39回(学校とインターン)

元旦です。
アメリカにいると全くそんな気がしないのはなぜでしょうか?
アメリカでは新年スペシャル番組みたいなものがほとんどないからでしょうか?
箱根駅伝が見れないからでしょうか?

とりあえず1月1日という実感があまりしない元旦でした。

さて本日は、私の2004年をふりかえったうえで、学校に通いながらのインターンについてのレポートを先日書いたのでそれをアップしようと思います。

これを見ている人の中で一人の役に立てばいいとおもいます。

現在私は1年目のシーズンを終了したところでありますが、1年目のシーズンはシーズン通してのインターンを可能にするために、語学学校に通いながらのインターンを選択いたしました。
まず、なぜ私がこのような道を選択したかということについて説明しておきます。

前提条件として私は両親に経済的な援助が頂けるという事がありました。また、語学力がたいしたことがないため、語学力向上のためにアメリカにできるだけ長く滞在していたいと考えておりました。そしてもちろんチームの方々がこの方法をとることに理解を示してくれていたということは欠かすことができません。

<語学学校に通うことのメリット>
・シーズンとおしてのインターンが可能である。
・シーズンとおしてのインターンが可能ということでチームも採用しやすい(WMにおける一つのアピールポイント)。
・長く滞在可能、語学学校ということで語学習得にもいくぶん有利(学校によっては仕事の負担になる)。
・語学学校を通じて大学やその他の情報も得ることが可能である。

といったメリットがあるかと思います。

しかしこのようなことを可能にする環境というものも重要になってきます。幸運なことに、ここサンノゼは日本人をはじめ、さまざまな人種の入り乱れる都市であり、そのため語学学校の数もそこそこ充実しています(と、いっても3つ程度)。ということで球場から15分程度のところに学校が位置していたため、この方法が可能であったといえるかもしれません。

語学学校についても、しっかりとI-20と呼ばれる書類を発行してくれる学校でなければいけません。LAやサンフランシスコなどの大都市だと学校はたくさんあるのですが、マイナーリーグの球団は多くが中小の都市に散在していると考えられるため語学学校というのはなかなか探すことが難しいものである可能性があります。事実、フロリダの方などは学校がほとんどないらしいです。

そして現在2年目のシーズンを迎える段階に至っていますが、2年目のシーズンはCommunity Collegeに通いながらのインターンの予定です。すでにCollegeの手続きも済まし、1月から授業がはじまります。

このCommunity Collegeには語学学校に通うことと同じ魅力に加えてもう一つの大きなメリットとなるOPT(オプショナル・プラクティカル・トレーニング)というものがあります。

私がCollegeに通う理由もこのOPTにあり、ご存知の方もいると思いますが、このOPTは学校のプログラムを終了すると付属的についてくるカリキュラムの一部のようなもので1年間合法でアメリカで働くことができるようになる、1年間限定の就労ビザのようなものです。

現在、アメリカで就労ビザの取得がとても難しい現状で、その就労ビザ取得の足がかりにするために、私はこのOPTを取得するつもりです。

Collegeのプログラムについては学校によってさまざまであるのはもちろんですが、私が取るのはCertificateというもので、1年間で終了できるプログラムです。Collegeには語学学校にはない夏休みもありますし、そのことを考えてもかなりのメリットが発生するのではないかと思います。

これからマイナーリーグなどのチームに挑戦したいとい方にも、Collegeなら地域に一つはあると思いますし、1年間、大学に通いながらのインターン。その後の1年間をOPTで働けるなら、Collegeに通う1年間分の投資は長い目で見れば、決して高いものではなくなるはずです。もちろん、Collegeでもその分野の勉強や語学力を磨くことができるわけですから。

ちなみに私の場合の語学学校の費用とCollegeにかかるであろう費用を紹介しておきます。

語学学校が月に$550=年間$6600
Collegeが1クオーター(3ヶ月)、約$2000+その他=年間$6000~$8000(夏休み含める)
といったところでしょうか?

上記は学校にかかる経費だけの例なので、住まいや生活費を自分で負担しなければいけない場合はもっとかかります。

以上、私がご紹介できるものをまとめてみました。

皆さんの選択肢の一つとして役に立つことを望んでおります。


                                          Kazoo
[PR]
by sjkazoo | 2005-01-02 16:40 | 野球

Baseball Winter Meeting③(Gala)

さてさて、やっとWM最終章、Galaについて書こうと思います。

このGalaというもの、簡単に言うとパーティーです。WMに参加していた方々、ほぼ全ての方が参加するのではないでしょうか。このパーティを利用して、普段なかなかゆっくり話のできない人や、その友人などと交友を広めるなどの事が行われるのです。

しかも今回は会場がアナハイム・エンゼルスの球場ということで、クラブハウスをはじめ、さまざまな部屋も見学できるという趣向でありました。写真に収めるのを忘れたのですが、この球場の主にレストランのようなところを使用して様々な飲食物が振舞われておりました。

b0048376_16304315.jpgb0048376_16311647.jpg









ちなみに写真左は球場の外を写真右は球場内を撮影したものです。フィールドには前日にCollege?か何かのフットボールの試合があったらしく、ラインが全てフットボール用になっておりました。

また、ここでジョブフェアに参加していた方などは面接をして頂けた方などにお礼を言ったり、最後の印象付けを行ったり、などのことも可能となります。

ちなみに参加費は$40とも$75とも言われていますが、額面は$75になっているのでその値段かもしれません。やっぱりちょっと高すぎです。飲み食い自由ですが・・・。
今回の食事にはスシや鰹のたたきみたいなものまであり、私的にはかなり満足させていただきました。

b0048376_1642663.jpgb0048376_16541749.jpg









写真左はクラブハウスです。選手が試合前後に身支度をしたり、簡単な食事などをとったり、控え室ともロッカールームとも考えられますね。
そして写真右はGalaの食事です。もっともっとたくさん色々なものがありました。

さて、あまり内容があったとは言い難いですが、WMについてのレポートを終了にしようかと思います。
やはり、最後に私が言いたいことは、このWM、日本ではまだまだ知られておりませんが、我々日本人にもメジャーリーグで働くためのチャンスはあるということです。WMのジョブフェアはそのための格好の窓口ということができるとおもいます。決して簡単な道ではありませんが、志のある方はチャレンジしてみてください!

                                             Kazoo
[PR]
by sjkazoo | 2004-12-29 16:57 | 野球

第34回(Baseball Winter Meeting2)

本日も昨日に続きWMについてのレポートを掲載したいと思います。
本日はJob FairとGalaです!

○Professional Baseball Employment Opportunities (PBEO)主催、
                                  Winter Meeting Job Fair○

WMでの大きなイベントの一つがこのJob Fairです。何百人いたのかは分かりませんが(350人以上らしい・・・)、スポーツ界でのキャリアの第一歩を切ろうとしている人から、新たなポジションを求める人まで多くの若者がこの場で就職活動を行っていました。

b0048376_17514460.jpg
まず、このJob Fairに参加するためには登録が必要なります。登録料の$225を支払い、ネームタグを頂けば登録完了。これで求人票の貼ってある部屋から面接会場、昨日紹介したTrade Showの会場まで出入りは自由です。しかし$225は少々高すぎですよね。



<登録を待つ人々の長蛇の列>

b0048376_17501839.jpg
そして登録を済ませた方々は控え室でガイダンスを受けておりました。ここでは就職活動を行うための一連の工程から、どのような人物が求められているのか、この先のマイナーリーグなどの仕事のことなど、説明がなされていました。

                                         
                                        <ガイダンス中>

b0048376_1753985.jpg
b0048376_17534097.jpg









  <求人の紙のチェック中、←            →面接の予定のチェック> 

ガイダンスが終了すると参加者の方々は、自分の興味のあるポジションやチームを何百と張り出されている求人の紙の中からピックアップし自分のレジュメを専用のBOXに投函するわけです。求人の紙にはそれぞれにナンバーが振り分けられており、分かり易くなっています。

b0048376_17542352.jpgその後レジュメは係りの方の手で各チームの関係者に渡り、各チームの書類選考に通過した方が写真右(面接の予定をチェック)のような形で張り出されるわけです。
その後、書類に通過した方は、各チームの採用担当者と直接の面接があり、採用、不採用の連絡を待つという形がとられています。

<面接会場>

何人もの参加者の方が面接会場の前で緊張の表情で自分の出番を待っていらっしゃいました。私は今年は面接を受ける予定はありませんでしたが、来年は分かりません。もしかしたらこの場で同じように職を探しているかもしれないと考えると、自分を売り込む、アピールの方法など、面接を面接官と一緒に聞いてみたい気持ちになりました。

マイナーリーグという裾野の広いシステムを持つアメリカの野球界だからこそ、成り立つこのJob Fairであるとおもいます。まず、これだけのポジションに、(もちろん全てのチームが募集しているわけではありせんし、この場で募集しなくても、HPなどで募集しているチームもあります)新しい人物を入れることができるという人の出入りの新陳代謝の激しさと、やる気のあるものならば誰にでもチャンスは与えられるということを改めて実感いたしました。

そして、ここで今シーズンうちのチームで働いていた友人と一緒にインターンをやっていた友人に久しぶりに再会するといううれしいこともありました。この会場であって以来、連絡が取れていませんが、二人の結果がどうなったのかは気になるところです。このあと連絡してみようと思います。

と、いうことでJob Fairのことでかなり時間を使ってしまったのでGalaのことはまた明日ということにしようと思います。
ではでは。   

                                Kazoo
[PR]
by sjkazoo | 2004-12-20 23:17 | 野球

第33回(Baseball Winter Meeting)

b0048376_1649632.jpg
表題にあるとおり、今日は先日アナハイムを訪れていました目的である、Baseball Winter Meeting (以下WM)のことを写真を交えてレポートしてみようと思います。

以前にも書きましたが、このWMは年に一度だけ、メジャーからマイナー含め各チームのエグゼクティブが一つの場所に集まるという、一大コンベンションです。

この広いアメリカで多くのチーム関係者が一堂に会するということはなかなかないため、この機会を利用して毎年、様々な事が行われています。

とりあえず大きなイベントを説明していこうと思います。

○Awards Luncheon○
b0048376_1633189.jpg
その名の通り今シーズンのScout of the yearやOrganization of the Yearなどの発表とインタビューが開催されておりました。WM初日の金曜日の昼食を兼ねて開催され、WMの開会のイベントであるとも考えることができるのではないかと思います。




○Baseball Trade Show○
b0048376_1791089.jpg
各チームの関係者が集まるということで、それに付随して企業も集まります。このTrade Showでは各チームが来るべき次シーズンのために、グッズの発注や、ユニホームの発注、フードに関することから、バイトのユニホームまで関連企業の展示品を実際に見て、発注を行う場であります。また、新たなプロモーションのアイデアなども満載で考えの幅を広くするためにも有益な場ではないかと思います。
野球、スタジアム運営に関わる全てのものが展示されており、関連企業300社近くが参加しているらしいです。

私はこのTrade ShowをウチのチームのGMさんと共に回ることができたのですが、すでに発注するものは当然の如く決まっており、キャップ一つとっても、種類、色、デザイン、サイズなどの事細かな説明から、発注の個数に対する値段の交渉、そして、実際にいつごろサンプルの商品を見ることができるのか?シーズン前に商品は届くのか?(シーズン前に届くように発注すると値段が割高であったりする企業もありました。)売り上げに対しての利益はどのくらいか?などの交渉が行われているのを見守っておりました。また、企業の関係者と新しいアイデア(新たなデザインの提案やプロモーションの提案。)を話し合ったり、その企業に発注する対価として、球場に広告を出すことの契約などもなされておりました。

b0048376_17154421.jpgb0048376_17162581.jpg











と、言ったところで今日はここまでにしておきます。
明日はジョブフェアとGALAについてのレポートを掲載する予定です。
                                           Kazoo
[PR]
by sjkazoo | 2004-12-19 10:41 | 野球